看護師とお金

【看護師の年収】看護師の年収の平均は調べても参考にならない?

お金を持った看護師

こんにちは、ナース夫婦のうっくんとあっちょです!

この記事は、看護師の年収の平均を調べても参考にならないよっていう内容です。

年代別の年収の平均とか、都道府県ごとの年収とか出てきますけど、条件が違いすぎて参考にならないですよね?

実際の今の自分の年収が多いのか少ないのか知りたいなら、知り合いの看護師に直接聞くのが一番ですね。

「そんな知り合いいない」「直接年収を聞くのはちょっと・・・」という人は、転職サイトに登録するほうがオススメです!

看護師の年収を調べる方法

知り合いの看護師に「年収いくら?」と聞く

女性2人が話をしている写真

これが一番リアルですよね。

違う病院や施設で働く看護師に聞けば、毎月の給料やボーナス、夜勤や残業手当なども細かく知ることができますね。

でも、実際「年収いくら?」って直接聞くのはちょっと抵抗ありますよね・・・

3~4年目までならいいかもしれませんが、なんとなく6~7年目くらいになってくると、聞きづらくなってくる気が・・・

あっちょ
あっちょ
人によってけっこう差が出てくるもんね・・・

ネットで調べる

パソコンから手が出ている クエスチョンマークが出ている

今の時代、ネットで調べれば何でも出てきますよね。

でも看護師の年収って平均しか出てこないですよね。

「30代の看護師の年収の平均」
「東京都の看護師の年収の平均

でもこんなのってあんまり参考にならないですよね・・・

看護師の年収の平均が参考にならない理由

働く施設や都道府県などの条件が違いすぎる

地球儀

「年収の平均」て言われても、働く条件によって給料が大きく変わっちゃいますよね。

働く施設:大学病院、個人のクリニック、訪問看護ステーションなど

都道府県:大都会なのか田舎なのか

条件によって年収が大きく変わるのに、いろんな条件の人の年収をひっくるめて平均を出してるので、参考にしにくいですよね。

夜勤をしているかどうかが考慮されていない

看護師の暗い写真

看護師が給料がいいのは、夜勤手当が大きいですよね。

年収の平均に「夜勤を月に何回しているか」という条件が考慮されていないのも参考にしにくい理由です。

役職の差が考慮されていない

役職がつくと給料はけっこう変わりますよね?

看護師長や看護主任の年収も平均に入ってると、ますます参考にしにくい・・・

あっちょ
あっちょ
20代でも主任になってる人もいるよね。

自分の年収がどれくらいか知りたいなら、転職サイトがオススメ!

ネットで調べてもあんまり参考にならないですね。

同じネットですが、私がオススメするのが、転職サイトに登録することです。

今の自分がいくらもらえるかを知ることができる

お金を持った看護師

転職サイトに登録すると、今のあなたにオススメする就職先を教えてくれますよ。

あなたがそこで働くと年収がいくらになるか?ということをたくさん見ていると、「私の経験年数でこれだけ働くと、これくらいもらえるんだー」とわかってきます。

それを今の勤務先と比べてみると、「私の年収はまわりと比べてこれくらいなのね。」と知ることができます。

↓登録はこちら

気まずい思いをしなくても調べられる

知り合いに直接「年収いくら?」と聞くのは気まずくても、転職サイトなら最初から目的がはっきりしているので、気まずい思いはしないですよ!

それに連絡はメールか電話なので、緊張しなくてすみますね。

電話が気まずければ、メールだけでやりとりもできますよ!

1分で登録できる

砂時計

することは転職サイトに自分の情報を登録することだけです。

希望する転職先は、今働いているところと同じくらいの条件を入力すると、比べやすいのでオススメです。

パソコンでもスマホからでも、1分でできます。

1分なら末梢キープするより早くできますよ!

↓ほんとに1分でできるか試してみる

あっちょ
あっちょ
私は1分もあれば簡単にキープできるけどね!

自分でがんばらなくても教えてくれる

転職サイトは登録したら担当の人から情報をくれます。

「あなたの家の近くに給料がいい求人が出ましたよ!」と、こまめに連絡をしてくれます。

自分からがんばって情報を取りにいかなくてもいいのは楽ちんですよね。

うっくん
うっくん
情報収集するのは仕事中だけにしよう!

まとめに

「今の私の年収ってまわりと比べてどれくらいなのかな・・・」と思ったら、転職サイトに登録するのが楽ちんでオススメです。

いい求人が見つかれば転職を考えてもいいかもしれないですよ!

あわせて読みたい
新しい働き方を探してみる4つのメリットと書かれた画像
【看護師の転職】新しい働き方を探してみる4つのメリットこんにちは、ナース夫婦の夫のほう、うっくんです。 あなたは看護師としてどんな人生を送っていきたいですか? この記事では、看護...

↓1分で登録