働き方

【看護師の働き方】仕事のストレスに対応するには逆に勉強が有効!

パソコンの前で勉強する女性

こんにちは、ナース夫婦のうっくんです!

この記事は、ストレスを抱える1,2年目の看護師さんに向けて書きました。

「仕事が嫌だ~」と思っているみなさん!

うっくん
うっくん
僕も1,2年目の時はずっと仕事が嫌でした・・・

でもある時、ストレスがすごく楽になる方法を見つけたんです!

それが、「勉強すること」だったんです。

勉強するメリット

問題にちゃんと向き合えてると実感できる

明るい看護師の写真

「業務が多くて覚えられない」とか、「わからないことが多すぎて無理」といったストレスがある場合には、どう解決しますか?

休みの日に遊びや買い物でストレスを発散しても、仕事になるとまた同じことでストレスを感じてしまいますよね。

勉強することで、そのストレスから「逃げる」のではなく、立ち向かっていくことができます。

問題にちゃんと向き合えてると実感できれば、自信もついてくるはず!

うっくん
うっくん
逃げてたまるか!

先輩に突っ込まれてもちゃんと答えられる

血培ってなんのことかわかる?
うっくん
うっくん
・・・・・

わからないことだらけの時は、こんなこと日常茶飯事ですよね。

「何か先輩に突っ込まれないかな・・・」ってヒヤヒヤするのってめっちゃストレスですよね?

でも勉強していって知識がついてくると、

うっくん
うっくん
先輩、血培っていうのは・・・

ってドヤ顔で答えられるようになってきますよ!

アセスメントができると仕事が速くなる

点滴の滴下調整をしている看護師 

勉強して知識がついてくると、アセスメントができるようになってきます。

そうすると、「この患者さんには何が必要かな?」とか、「今この状態だと次は何をすればいいかな?」といったことをパパっと考えられるようになります。

そうすれば、今より先に起こることを予測でき、心構えや準備を早めにすることで、仕事が速くなっていくという結果につながるのです!

勉強してると先輩にかわいがってもらえる

勉強してると、「この子頑張って勉強してきたんだな。」と思ってもらえます。

向上心があれば、先輩にも目をかけてもらいやすくなります。

あっちょ
あっちょ
頑張ってる子はかわいいよねー

勉強した次の日は、「先輩、昨日勉強したところでわからないことがあって・・・」と上手にアピールするのもいいと思います。

「よしよし、教えてあげるよ!どこがわからないの?」とかわいがってもらいましょう!

まとめに

看護師の仕事のストレスを発散する方法は、遊びや買い物などたくさんあります。

でも、あえて「勉強する」ことで問題に向き合っていくのも大切です!

仕事も速くなって先輩にもかわいがってもらえて、メリットがたくさんあります。

1日30分、いや、10分でもいいから勉強をはじめてみましょう~!