ワークライフバランス

看護師は自己犠牲が当たり前という考えはやめよう

十字架を背負ったキリスト 自己犠牲

こんにちは、ナース夫婦のうっくんです!

看護師って、自分を犠牲にして働く人が多くないですか?

患者さんのため、スタッフのため、つらい環境でも我慢して働く日々。

でも自己犠牲が求められる仕事って続けにくいですよね。

この記事では、看護師なら当たり前と思いがちな自己犠牲をやめよう、ということをお伝えします。

看護師の自己犠牲は当たり前?

「人のために何かしたい」と思って看護師になった人も多いと思います。

そしてその考えは、見返りを求めないほど素敵ですよね。

でもそれって、自己犠牲につながっていくこともあると思います。

長時間のサービス残業をしたり、スタッフが少ないという理由でしかたなく妊婦が夜勤をしたり。

もちろん大変なことを進んでやるという、謙虚な考え方はいいと思います。

そういうことも『自己犠牲』とは思わずにできる人は、本当に尊敬します!

でも、「なんで私だけ・・・」とか、「残業代が出ないでタダ働きばっかり」と考えるようになったら、だんだんつらくなってきますよね。

そんな自己犠牲が当たり前の状況では、長く続けるのは難しくなってきます。

自己犠牲があると長く仕事を続けられない

自己犠牲に関して、病院で働く看護師を対象にした研究を紹介しますね。

就業をためらう職場環境について検討したものがあります。

面接を受けた看護師の回答をまとめたものの中に、こんなものがあります。

・賃金外のことを求められ、サービス残業も多い

・病棟では、私生活をある程度犠牲にしても大丈夫ということが求められると感じる

・サービス残業によって人が辞め、さらに残業が増えるという悪循環がある

引用文献:田中幸子,後藤彩花,緒方泰子,他:病院で働く看護者が就業継続のために求める職場環境,日本看護評価学会誌,Vol.5,No.1,11-18(2015)

この3つをまとめて、「自己犠牲を当然とする職場の雰囲気」という大きなカテゴリにし、就業継続に対して否定的に働くと分析しています。

つまり、自己犠牲があると長く仕事を続けてくことが難しくなる可能性があるってことですね。

うっくん
うっくん
自己犠牲が当然っていう雰囲気があると、辞めたくなっちゃうこともあるんですねえ・・・

看護倫理綱領は看護師自身の健康を推進している

自己犠牲が続くと、プライベートにも影響が出ますよね。

休息や楽しみにあてる時間が減ったり、友人や恋人、家族と過ごすことも出かけることもおっくうになってしまうかもしれません。

それはでは心も身体も疲れてしまいますよね。

でもそれは看護師が行動の基本にするべき、看護者の倫理綱領に反する結果につながっちゃうんです。

看護者の倫理綱領とは、すごく簡単に言うと「看護師ならこんな行動しようね」という看護協会が定めたルールです。

この倫理綱領の12条、「看護者は、より質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康の保持増進に努める」の文章の一部を紹介します。

心身の健康を保持増進するために、職業生活と私生活のバランス、活動と休息のバランスを保つように努める。

引用:看護者の倫理綱領、日本看護協会ホームページ

「良い看護をするには、健康でいましょう」というものですが、自己犠牲が続いていくと、仕事をプライベートのバランスも崩れ、健康から遠ざかってしまいますよね。

つまり、自己犠牲は倫理綱領を守れない可能性につながるっていうことです!

あっちょ
あっちょ
飛躍しすぎな気もするけど、可能性としてはゼロではないね。

負担のない働き方をしよう

じゃあ自己犠牲を感じないようにするためには、どうすればいいのしょうか?

自分自身に負担がない働き方をすれば、自己犠牲は少なくてすむと思います。

休みが月に1日の場合と、週休2日では、確実に負担は違いますよね。

その程度は人によって差が大きいと思いますが、働き方を変えることで、かかる負担はコントロールできるはず。

例えば、業務改善をして残業を減らす、夜勤を辞めて日勤だけにしてもらうことでも変えることができます。

その職場ではどうしても自己犠牲を避けられないなら、異動するか、転職する、という選択肢もありだと思います。

そうやって負担をコントロールして自己犠牲を減らせば、健康で長く続けられるような働き方を目指せますよね。

まとめに

自己犠牲はとても美しい考え方ではありますが、長い目で見ると、人生に悪い影響を与える可能性があります。

健康で長く働いていくためには、ワークライフバランスを大切にして、自己犠牲なく働いていくことが大切だと思います!

頑張るのは大事ですが、無理せずやっていきましょう~。

あわせて読みたい
本当のワークライフバランスとは?と書かれたアイコン
【働き方】看護師のワークライフバランスって本当の意味は違う?最近よく言われる「ワークライフバランス」の本当の意味、知ってますか? ワークライフバランスって、「今の仕事の中で、働き方を工夫して...