転職

【看護師の転職】私が10年働いた大学病院から転職を考える理由

こんにちは、ナース夫婦の夫のほう、うっくんです!

この記事では、私が10年働いた大学病院をやめて転職しようと思った理由をお伝えします。

大学病院だけじゃなくても、過酷な労働条件で働いている看護師さんはたくさんいると思います。

辛い状況でも頑張って患者さんのために働き続ける!ことだけがあなたの人生ではありません。

今の病院を辞めることを考えてみると、もっと自分に合った人生が見つかるかもしれませんよ。

私が大学病院を辞めようと思った理由

仕事が忙しすぎる

大学病院と言うと、「忙しそう」「大変そう」というイメージがありますが、まさしくその通り。

私が働く大学病院はとても忙しいです。

患者さんの稼働率を上げるために、「早く退院させて!」「入院来るから患者さんを他の病棟に押し出して!」というのは日常茶飯事です。

業務に関しても、やらないといけないことがどんどん増えるのに、やらなくてもいいんじゃない?ということは全然減っていきません。

やりたいことは病院の都合でできなくなる

「私は急性期でずっと働きたい!」「私は小児系の病棟がいいな」と思っていても、思い通りにいかないこともたくさんあります。

特にベテランになっていくと、希望じゃないところにいきなり異動させられることもあります。

役職のないスタッフなら断る相談もできますが、役職がついていると断ることはできません。

病院の都合で今まで経験したことのない職場にいきなり飛ばされることもあります。

どんどん仕事を振られていく

働いて2,3年すると、委員会やチームの役割、後輩教育や学生指導、看護研究など、たくさん仕事を振られるようになります。

何が辛いって、それらの仕事が普段の看護業務にプラスされていくことです。

業務時間内にはそれらの仕事はまったくできないので、仕事の後や自分の休みの時間を使わないといけません。

昇進してもプライベートの時間は激減し、給料はそれほど増えない

役職がつくと、仕事は一気に増えます。

もちろんプライベートの時間はどんどん減っていきます。

なのに給料は思っているより増えません。

よく看護師の給料は全然増えない、と言いますがその通りです。

私の病院では、昇進するとまず副主任になります。

副主任になると、「役職手当」として1ヶ月に6000円プラスでもらえます。

初めて聞いたとき、「これだけ忙しくてたった6000円!?」と驚いてしまいました。

しかも夜勤の回数が減るので、新人の時より給料が減ってしまうということもあります。

プライベートの時間はなくなる、でもお金は増えない、なんて意味がわかりません。

管理者を見ていて、「こんなライフスタイルは嫌だ」と心の底から思ってしまった

主任、師長と役職があがっていくと、どんどん忙しくなります。

給料は増えていきますが、ありえないくらい忙しくなります。

子供がいる女性の師長もたくさんいますが、休みの日でも出勤してくることもざらにあります。

子供は家で誰かに見てもらって、朝から夜遅くまで働く。

バリバリのキャリア志向の人ならいいかもしれませんが、私はそんなライフスタイルは絶対に嫌でした。

病院は「ワークライフバランスを大切にしている」と言っていますが、「どこが?」と思っちゃいます。

頑張れば頑張るほどライフスタイルが崩れていく

あなたはどんな働き方が理想ですか?

ガツガツ働いて昇進したい!という人はそのまま働いていけばいいと思います。

あなたがもし「家族との時間もプライベートも充実させたい」と思っているのなら、大学病院で長く働くのはおすすめしません。

頑張っていった先には生活のほぼすべてを仕事に捧げないといけない日が来ます。

大学病院を辞めてもいいと思った理由

看護師は辞めても働く選択肢がたくさんある

「看護師はどこでも働ける」と言いますが、それくらい選択肢があります。

個人病院、クリニック、老健、検診、派遣のバイトなど、キリがないくらい働く場所はあります。

もちろんある程度看護師としてしっかり経験したほうがいいのは当たり前ですが、ずっと同じ病院で働く必要はありません。

すぐ再就職ができる

看護師は病院を辞めてもすぐに他の仕事につけます。

看護師の募集はいろんなところにありますし、看護師というだけで働くところはすぐに見つかります。

看護師の離職率が他の業種と比べてめちゃくちゃ高いのは、「辞めてもすぐに他の仕事につける」というところにあります。

「看護師国家資格」というのはそれほど強いです。

転職しても給料がそれほど下がらない

「転職すると給料が下がる」という心配がありますが、看護師の転職ではそんなことはありません。

大学病院は給料が高い傾向にありますが、同じくらい、もしくは給料が増える、という転職先もあります。

私は今看護師11年目ですが、年収で600万円程度あります。

さすがにこれくらいもらえるところは少ないですが、500万円以上もらえる、という求人もよく送られてきます。

自分のワークライフバランスを優先した働き方ができる

転職先がたくさんあるということは、自分に合った職場を選べるということです。

「給料が安くても休みが多いところがいい」とか、「仕事が楽な職場で働きたい」といった働き方を探すことができます。

あなたが何を大切にしたいか?ということを優先できるのです。

まとめに

私は今年大学病院を辞めます。

子供も2人いて、これからどんどんお金が必要になってきます。

でもこれからのことをあまり心配していません。

家族との時間を大切にしたいと思っているからです。

家族を一番優先に考えた結果、「これ以上大学病院で働くのはナシだな」と思ってしまいました。

これからは私の人生に合った働き方を探していきます。

大学病院で働いて疲れ切っているあなたも、「転職もアリかな?」と考えてみてください。

「アリです!」

もっと素敵な人生にするために、まず一歩進んでいきましょう~!