働き方

看護師ライターという働き方を選んだ理由

なぜ看護師ライター?と書かれたアイコン

こんにちは、ナース夫婦のうっくんです!

あなたは看護師ライターという言葉を聞いたことがありますか?

雑誌やWEBサイトに記事を書く仕事をする看護師のことを、看護師ライターと言います。

僕は今フリーランスとしてパラレルキャリアを実践していますが、ライターとしても活動しています。

この記事では、僕がなぜ看護師ライターという働き方を選んだのかをお伝えしますね!

看護師ライターの働き方

まず、仕事内容ですが、基本的には企業が運営するWEBサイトや書籍に記事を書くという仕事です。

ライターを募集しているところに直接応募したり、クラウドソーシングのサイトに登録して、オファーが来ることで仕事が決まります。

クラウドソーシングは、インターネットを通じて個人や企業が業務契約をするサービスです。

「ランサーズ」「クラウドサービス」などのサイトが有名ですね!

企業とライターの契約をしたら、記事を納品してお金をもらう、ということができます。

ライターの始め方などはこちらに書いています!

あわせて読みたい
看護師ライターとは?と書かれたアイコン
看護師ライターとは?憧れの在宅ワークの始め方こんにちは、看護師うっくんです! あなたは看護師ライターという働き方を知っていますか? 看護師向けサイトのコラムや医療系雑誌...

看護師ライターを選んだ理由

フリーランスの働き方はいくつもある中で、僕は看護師ライターという仕事を選んでいます。

これから、どうして僕が看護師ライターになろうと思ったかお伝えしますね!

うっくん
うっくん
思いっきり個人の考えですが、働き方を悩む人は参考にしてください!

時間を調整できる

時計のアイコン

ライターの魅力は、自分で時間を調整できるのが魅力です。

もちろん記事を書く締切があり、忙しいことはありますが、ある程度コントロールできます。

僕はいつも、朝の3時くらいに起きて記事を書いています!

あっちょ
あっちょ
・・・おじいちゃん?

家で仕事ができる

職場に出勤しなくてもいいというのも、メリットです。

通勤時間はあまり生産性がないですよね・・・

僕は車通勤でしたが、本を読み上げてくれるオーディオブックを聞いていました。

家から出ないで仕事ができるライターなら、職場に行く時間も作業に当てることができます。

うっくん
うっくん
インタビューのために取材に行く場合は、もちろん家から出ますけどね!

文章を書くのが好き

もともと文字や文章を書くのが好きだったのも、ライターを選んだ理由の1つです。

看護研究にハマった時期があって、その時に、自分の考えを理論と根拠で言葉にしていくのが大好きになりました。

このブログでは思いっきり僕自身の考えを書いてますが、ライターとして記事を書く時には個人の考えが書けないことが多いです。

でも研究のように、自分なりの切り口で根拠を持って書いていくのはとても楽しいです。

うっくん
うっくん
論文の読み方とか本格的に勉強したくなっちゃいますね!

がんばれば収入が増える

お金

ライターの仕事は完全に歩合制です。

やればやっただけお金になります。

自分のがんばり次第というところは、モチベーションにつながりますよね!

あっちょ
あっちょ
必死で頑張って稼いでね。

まとめに

看護師に記事を書いてほしいという企業はたくさんあります。

これからの個人で稼ぐ力が求められる時代、その1つとして看護師ライターにチャレンジしてみるのもいいと思いますよ!