働き方

看護師がフリーランスになる簡単な方法

簡単!フリーランスナースと書かれたアイコン

こんにちは、看護師うっくんです!

最近注目されているフリーランスという働き方、看護師なら簡単にチャレンジできるって知ってますか?

看護師が個人でフリーで働くのって、イメージしにくいですよね。

でも実は、看護師はフリーランスに向いてるんです!

この記事では、看護師がフリーランスになる方法をお伝えしますね。

フリーランスは一つの職場にとらわれない働き方

フリーランスとは、ライターやカメラマン、デザイナーなど、個人で仕事をする人たちのことを言う時によく使われます。

看護師の場合だと、病院や企業と個人契約する働き方がフリーランスですね!

うっくん
うっくん
かっこいい名前だよね!

フリーランスになる方法

じゃあどうすればフリーランスになれるのでしょうか?

なるだけなら実はとても簡単で、その方法を説明します!

今の仕事を辞める

まず常勤の職員として働いているなら、その職場を辞めます。

フルタイムで仕事をしながらいくつもかけもちするのは、さすがにつらすぎますよね。

それに、フリーランスのメリットをちゃんと感じるためには一度完全にフリーになるのもいいと思います。

仕事を探す

3人の男女の看護師が座っている写真 面接中

退職したら、自分で仕事を探します。

もちろん退職日より前に仕事を探してもOKです!

新しい職場を探す方法はいくつかあります。

知人に紹介してもらったり、仲介業者にお願いしたり、自分で直接「雇ってください!」と交渉するなど、自分で選んでいきましょう!

複数の職場を個人で契約

働く場所や時間、給料など仕事を決める基準は人それぞれですよね。

たくさんある仕事の中で、いいなと思うところがあれば個人で直接契約していきます。

複数の病院や企業で働き出せば、もう立派なフリーランスナースと言えるでしょう!

看護師はフリーランスに向いている

看護師は国家資格があり、専門的知識や技術があり、看護師でなければ働けないところがあります。

それに高齢化社会がもっと進むと、看護師が活躍する場面はどんどん増えていくことも考えられますよね。

社会からのニーズが高い看護師は、いつでもたくさんの求人があり、高い時給がもらえる仕事もあります。

人手不足のこの業界では、非常勤や単発でも働いて欲しいと募集するところも多くあります。

そういった理由から、看護師はフリーランスに向いていると言えます。

フリーランスはどんな働き方になるか

じゃあ実際フリーランスになったとしたら、どのような働き方になるのでしょうか?

ちょっと具体的に説明していきますね!

定期的な非常勤や単発のアルバイトなど組み合わせ自由

看護師の求人を見てみると、病院やクリニック、介護施設などで非常勤の募集があります。

非常勤だと、「週に2回」とか、「平日午前だけ」という働き方になります。

職場の管理者とシフト調整して、働く日を決めていくので、交渉次第ですね!

非常勤とは別で、単発のアルバイトもあります。

派遣会社に登録したり、単発の求人に応募すれば、「1日だけ働く」とか、「2週間だけ限定」という働き方が可能です。

非常勤と単発アルバイトも、組み合わせは自由です。

収入や労働時間を自由に決められる

仕事選びは自分次第なので、選択肢はたくさんあります。

お金が欲しい時はたくさん働けばいいですし、短時間だけ働きたい時は調整できます。

あっちょ
あっちょ
全部自分で決められるって不思議な感じだよね!

在宅ワークも可能

母親が子供とタブレットを見ている

看護師が家で仕事をするのって、イメージしにくいですよね?

でもフリーランスなら、家の中で働くことも可能です。

代表的なのが、看護師ライターですね。

こちらの記事にまとめたので、よかった読んでみてください!

あわせて読みたい
看護師ライターとは?と書かれたアイコン
看護師ライターとは?憧れの在宅ワークの始め方こんにちは、看護師うっくんです! あなたは看護師ライターという働き方を知っていますか? 看護師向けサイトのコラムや医療系雑誌...

ライフスタイルはどう変化するか

働き方は組み合わせ次第で無限にあるフリーランスですが、実際の生活がどうなるのかもお伝えしますね!

うっくん
うっくん
僕の経験談もふまえてますので、リアルな声です・・・!

時間にゆとりがある

まず働く場所や時間を決められるので、時間にゆとりができます。

病院で働いていた時は、日勤や夜勤が続くシフトがある上に、残業もありました。

もちろん休日はありましたが、仕事が続いた時には身体を休めたいと思ってしまいます。

フリーランスになると、働く日数や時間帯を調整できるので、時間にゆとりができるようになりました。

長期休暇が取れる

フルタイムで働いていると、長いお休みは取りづらいですよね。

特に24時間交代制のところだと、どうしても他のスタッフに気を遣ってしまいます。

フリーランスだと、しばらく仕事をしなければ長期休暇になります。

あっちょ
あっちょ
休みを取るっていうか、ただ働いてないだけじゃ・・・

お金の知識や感覚が身につく

時間にゆとりができたり休みをたくさん取れるのはいいですが、それだけ収入は減ってしまいますよね。

固定した収入がないので、自然とお金のことを考えるようになります。

どうすれば貯金を減らさずに貯めていけるか、ということを意識することで、お金の知識や感覚が身についていきます。

実際に大学病院からフリーランスになった僕の経験談を、こちらの記事にまとめてますのでよかった読んでみてください。

あわせて読みたい
【フリーランス看護師】大学病院から転身するとどうなるかこんにちは、看護師うっくんです! 看護師でフリーランスという働き方、聞いたことありますか? ドラマ「ドクターX」では、フリー...

フリーランスになると収入はどうなるか

フリーランスになろうとしてる人が、必ず気にするのは給料ですよね。

フリーランスのお金の事情を説明していきますね。

安定した収入は難しい

毎月給料がもらえる常勤とは違い、働いただけしかもらえないのはしかたないもの。

たくさん働けばお金も増えますし、休みを多く取ればもらえるお金は減ります。

フリーランスになった時点で、最初のうちは安定した収入はあきらめたほうがいいかもしれません。

あっちょ
あっちょ
だから私が一生懸命働いてんのよ・・・
うっくん
うっくん
・・・

仕事を休むと収入はゼロ

働いた分だけもらえるということは、働かなければ何ももらえないということです。

体調を崩して1カ月働けなくなった時は、収入はまったくありません。

給料なしです。

うっくん
うっくん
おそろしい・・・!!

年収は自分次第で増やせる

お金を持った看護師Young woman doctor isolated on white background. corruption in medicine

給料が不安定で、休めば何ももらえませんが、逆に言えば働けば働くほど収入を増やせるということですよね。

例えば、1日も休むことなく働けば、1年でどれくらいもらえるんでしょうか?

仮に、時給が2000円でずっと日勤(1日8時間)ということにしてみます。

この計算だと、365(日)×8(時間)×2000(円)=5840,000(円)になります。

毎日ずっと働き続ければ、日勤だけで584万円もらえるんです。

時給の高いところを探して働けば、これよりも年収を増やしていくことも可能です。

うっくん
うっくん
毎日休みなしは無理ですけどね!

フリーランスになれる人

フリーランスの働き方はお伝えしてきましたが、誰でもなれるものなのでしょうか?

どんな人がフリーランスとして働いていけるかを、お伝えしていきます!

誰でもなれる

基本的には、誰でもフリーランスになれますよ!

「1つの会社や企業に所属しない働き方」という考えからすれば、仕事を辞めていくつか掛け持ちしたらフリーランスですよね。

しっかり稼いでいけるかどうかは自分次第ですが、誰でもチャレンジできます。

ある程度の経験があると選択肢が広がる

看護師の求人を見てみるとわかりますが、「経験年数5年以上」という条件がつくこともあります。

求人を出す側から考えると、経験があって仕事ができる人に来てほしいのは当然ですよね。

「病棟も外来も経験した、20年目の看護師です!小児から高齢の方も看護してきました!」という人なら、きっとどこでも働けるはず。

もちろんそこまでの経験を求めるところはまずないですが、ある程度の年数があれば、仕事の幅が広がります。

複数の部署で働いた経験があれば、もっといいですね!

自分から動いていける人が有利

フリーランスで仕事をするためには、個人で契約をすることになります。

給料の交渉もできますので、「私は◯◯の経験をしてきたので、しっかり役に立つ働き方ができますよ!」と最初に言って給料をあげてもらったという人もいます。

もちろんそんなにガツガツいかなくてもいいですが、自分でちゃんとアピールできて主体的に行動できる人のほうが確実に有利です!

まとめに

看護師という資格があれば、フリーランスになるのは難しいことではありません。

チャレンジしてみたい人は、ぜひ思い切って一歩を踏み出してみてください!

すべて自分次第という経験も、意外と楽しいものですよ!